給付金の受け取り方

注射器の使い回しB型肝炎ウイルスというものがあります。かつて日本では集団予防接種においてこちらのウイルスが多くの方に感染してしまったということがあります。それは注射器の使い回しが行われていたからです。きちんとした行政指導が行われなかったために起きた悲劇であり、実際に感染者達は集団訴訟をしました。その結果として国は法律を制定して、B型肝炎の被害者に対して給付金を支給することが決まったのです。

B型肝炎の給付金についてはさまざまな要件を満たしていなければいけません。また、実際に訴訟をして請求をするという流れとなっています。給付金という存在があることをまだ知らないという方もたくさんいるのです。実際に給付金の対象となっている方は100万人近くいるのですが、そのうち実際に請求をした方はまだまだ少ないのが現状となっています。

給付金請求の障害となっているのは、手続きが複雑な点も原因となっているでしょう。自分は対象者であり、実際に給付金を請求したいけれどもどうすれば良いのか分からないという方は多いのです。こちらではそのような方のために、給付金請求のための流れについて説明しましょう。給付金というのは本人だけではなくて遺族が請求することもできます。過去に予防接種を受けた方は、そのすべての人達が被害者になっている可能性があるのです。ひょっとしたら感染しているのに気がついていないケースもあります。そんなB型肝炎の給付金請求についてポイントをまとめました。

訴訟をする