訴訟をする

医師3

B型肝炎の給付金というのは訴訟をして支払われるものです。

国に訴訟をして裁判をして、その結果として給付金の金額が決まり、実際に支払われるのです。流れとしてはまず資料収集をして、訴訟の手続きをして、裁判の結果として和解成立したならば給付金を受け取ることができます。

訴訟というと勝ち負けが関係しているというイメージを持っている人がいるかもしれません。しかし、B型肝炎の訴訟については、給付金を受け取るために和解をする必要があり、あくまでも形式的なものとなっています。

国と争うというわけではなくて、要件を満たしているのか確認するために行われるものであり、裁判所で和解手続きを行うことによって、実際にお金を受け取れるようになるのです。

国と和解をするためには交渉をする必要があり、その際には医療カルテをはじめとした資料が必要となります。

これは法律によって定められている要件を満たしているのか確認するために用いるものです。その資料を参考にして、集団予防接種が原因となりB型肝炎になったことを認定してもらうのです。その結果として、実際に給付金を支払ってもらうことができます。

そのため、きちんと資料を用意しなければいけません。

弁護士に頼む