弁護士に頼む

弁護士に頼む給付金の請求をする際には弁護士に頼むのが一般的です。そうすることによってさまざまなハードルを乗り越えることができるでしょう。訴訟をしなければいけないと尻込みしている方は多いでしょうが、弁護士に頼ることで安心できます。

国に訴訟をするためには訴状を作成しなければいえません。手続きをすることになれば裁判所ともやり取りをする必要があります。これらのことは専門家である弁護士に頼むことによって安心できるでしょう。必要となる資料や請求の流れについても弁護士は熟知しているため、しっかりとサポートしてくれます。特に資料収集は重要であり、それには時間がかかってしまうことがあり、困難なケースはたくさんあります。弁護士であればスムーズに必要な書類をすべて揃えてくれるでしょう。何度も医療機関に通ってくれて、裁判所にも出向いてくれます。書類に不備がないのか厳しくチェックしてくれるでしょう。そのため、本当に給付金を受け取ることができるのかどうか判断してくれます。

資料が不足していたとしても諦める必要はありません。代替資料で対応できることがあるからです。このような対応についても弁護士に任せておけば安心できるでしょう。頼れる弁護士を探しましょう。

訴訟をする

B型肝炎の給付金というのは訴訟をして支払われるものです。国に訴訟をして裁判をして、その結果として給付金の金額が決まり、実際に支払われるのです。流れとしてはまず資料収集をして、訴訟の手続きをして、裁判の結果として和解成立したならば給付金を受け取ることができます。

B型肝炎訴訟
出典元 (B型肝炎訴訟|アディーレ

訴訟というと勝ち負けが関係しているというイメージを持っている人がいるかもしれません。しかし、B型肝炎の訴訟については、給付金を受け取るために和解をする必要があり、あくまでも形式的なものとなっています。国と争うというわけではなくて、要件を満たしているのか確認するために行われるものであり、裁判所で和解手続きを行うことによって、実際にお金を受け取れるようになるのです。

国と和解をするためには交渉をする必要があり、その際には医療カルテをはじめとした資料が必要となります。これは法律によって定められている要件を満たしているのか確認するために用いるものです。その資料を参考にして、集団予防接種が原因となりB型肝炎になったことを認定してもらうのです。その結果として、実際に給付金を支払ってもらうことができます。そのため、きちんと資料を用意しなければいけません。

弁護士に頼む

給付金の受け取り方

注射器の使い回しB型肝炎ウイルスというものがあります。かつて日本では集団予防接種においてこちらのウイルスが多くの方に感染してしまったということがあります。それは注射器の使い回しが行われていたからです。きちんとした行政指導が行われなかったために起きた悲劇であり、実際に感染者達は集団訴訟をしました。その結果として国は法律を制定して、B型肝炎の被害者に対して給付金を支給することが決まったのです。

B型肝炎の給付金についてはさまざまな要件を満たしていなければいけません。また、実際に訴訟をして請求をするという流れとなっています。給付金という存在があることをまだ知らないという方もたくさんいるのです。実際に給付金の対象となっている方は100万人近くいるのですが、そのうち実際に請求をした方はまだまだ少ないのが現状となっています。

給付金請求の障害となっているのは、手続きが複雑な点も原因となっているでしょう。自分は対象者であり、実際に給付金を請求したいけれどもどうすれば良いのか分からないという方は多いのです。こちらではそのような方のために、給付金請求のための流れについて説明しましょう。給付金というのは本人だけではなくて遺族が請求することもできます。過去に予防接種を受けた方は、そのすべての人達が被害者になっている可能性があるのです。ひょっとしたら感染しているのに気がついていないケースもあります。そんなB型肝炎の給付金請求についてポイントをまとめました。

訴訟をする